Blogブログ

修復・復元に関わるアイテムや工程など、日々の更新される情報をお伝えします。

エルメス革素材 「トゴ」と「トリヨン」

エルメスの革素材は約20種類ありますが、その中でトゴ・トリヨンをご紹介します。

●トゴ(ヴォー・クリスペ・トゴ)
バッグ類に使用される雄仔牛の革で、バーキンやケリーなどの定番のバッグや財布などの小物類に使用されています。
特徴
表面の細かいシワ模様と張感がある革で、一つ一つの型押しの溝が深く、触った時に凹凸を感じる事が出来ます。
硬さは他の牛革と比べて中間くらいです。
凹凸も年式によって異なり、革の表情も一つ一つ異なります。
更に革質も年式ににより変化しています。

●トリヨンクレマンス
雄牛の革でバーキン・ケリーや小物類に使用されている。
特徴
トゴと比べて型押しの目が大きく、少し大きく柔らかい感じの質感です。
年式により、表面のシワの大きさが変化しているのがポイントです。
新しい年式のトリヨンは、シワが細かくなっている事があり、トゴと間違える事もあるほどです。

素材を比べると、色々違いが分かり、とても面白いです。